10月8日 町内にある小学校の元気な児童44名が
「福祉用具体験」授業でさつき苑に来苑しました!

子どもたちは年3回、さつき苑に訪問
・1回目は、事前に自分たちで考えてきたゲームで入居者と交流をします。
・2回目は、さつき苑にいる高齢者が普段使っている福祉機器を体験します。
・3回目は、前回までの交流や授業で学んだことを踏まえ、入居者と交流の企画を考え、実際に交流を図ります

今回は2回目、福祉用具体験の授業です
3グループに分かれておこないます

第1グループは食事体験
管理栄養士が、高齢者の飲み込みの特徴と安全に食べるための工夫や食器を紹介。

20151012_01

飲み込む力が低下した高齢者に提供している、とろみつきリンゴジュースや、ゼリーを試食してもらいました。
「(ジュースが)ゆっくり入ってく~~」「味も変わらずおいしい!」いろいろな感想がありました。

20151012_02

第2グループは福祉車両乗車体験
大きなリフト対応車両に実際に乗車します。

「かっこいい!」「もっと怖いものだと思ってた!」

20151012_03

「これ楽ちーん!!」

20151012_04

第3グループは福祉用具体験。
様々な種類の車椅子や電動ベッドを体験します

20151012_05

王様気分!

20151012_07

大きな体重計!便利~~

20151012_08

校長先生も一緒に体験。「先生は重いぞ~~」

20151012_09

仲良し二人組です

20151012_10

ぼくたちも!!

20151012_11

最後に子どもたちからのプレゼント。
10月に行われる学芸会の大きな招待状でした。

20151012_12

当日は台風が北海道に接近。肌寒い気温ではありましたが、子供たちの元気なパワーでどこ吹く風!

感性が豊かな子どもたちのいろいろな感想がありました。

交流の最終回は11月10日。

おじいちゃんもおばあちゃんも、首をなが~~くして待ってるよ~~

校長先生も一緒に体験。「先生は重いぞ~~」